banner

更年期障害とは

banner 更年期障害とは、女性が50歳前後の閉経期に、卵巣の機能が低下して女性ホルモンのひとつであるエストロゲンが欠乏して、ホルモンバランスが崩れて起こるものです。自律神経失調症のように脈が速くなったり動悸がしたり、血圧が上下したりほてり、のぼせ、多汗、頭痛、めまいなどがおこります。ヒステリーやいらいらなども起こります。
エストロゲンは卵胞ホルモン、または女性ホルモンとも呼ばれます。これは実は女性だけではなく、男性ホルモンからも生成されるホルモンです。男性でエストロゲンの分泌量が多くなると「女性化乳房」という症状が出たりします。それだけ女性らしさをつくりだすホルモンだといえるでしょう。
女性ホルモンのもうひとつは黄体ホルモンであるプロゲステロンです。これは主として妊娠をつかさどるホルモンです。他のホルモンのバランスを調整する役目もあります。
更年期障害の治療にはホルモン療法が有効とされています。不足したエストロゲンを飲み薬や貼り薬として補充するホルモン補充療法が一般的です。プロゲステロンのクリームを用いる場合もあります。その他、漢方(加味逍遥散・桂枝茯苓丸・柴胡加竜骨牡蛎湯・女神散)やプラセンタ(胎盤)療法による治療法もあります。

またこれら症状はPMSにも似ているところがあります。

Copyright(c) 更年期障害と女性ホルモン All Rights Reserved.